キットゥンタイランドなぁ~! |


スポンサーサイト

押してくれたら更新が早まるかも(笑)
タイナイトライフ情報(ノンアダルト)ランキング

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


押してくれたら更新が早まるかも(笑)
タイナイトライフ情報(ノンアダルト)ランキング

Posted by ポカリ on  | 

49 ミカンからのプレゼント!

押してくれたら更新が早まるかも(笑)
タイナイトライフ情報(ノンアダルト)ランキング


カンピと合流して、夜のパタヤに向かっていく。

一番の目的は、ミカンちゃんに会うことである。

さすがにミカンに会わずに帰るのは申し訳ない。

それ以外にも、元ボッタ系のママなどにも挨拶して回らないとダメである。




実際には行くべきか迷ったが、最後にカンピと一緒に回るのは恒例化している。

せっかくカンピと来てるのに、行かないわけにもいかないし、カンピも大変な時期なんでね。




カンピと会うときなどにミカンには電話している。

この日も電話で

ミカン「今日が最終日でしょ?仕事休むから」

こいつマジで全然仕事に出ないな(笑)

ポカリ「ダメだよ!店に行くから。カンピもマック達に会いに行くからさ」

ミカン「じゃぁ一緒に店に行こうよ」

痛いところをついてくる

ポカリ「それはダメだよ!最後の日だからカンピと友達のところ回らないと」

中々引き下がらないが、店に会いに行く事で何とか納得した。

何度も何度も、絶対に行くと約束させられたが(笑)




カンピと友達に今日が最終日と挨拶して回る。

色んなところに顔を出して、ポカリは最後にミカンの店に顔を出す。

ハムの事があるので、かなり巻いて行ってる(笑)



ミカンの店に行くと、ミカンには客が付いてるけど、ポカリの元に飛んでくる。

こんなの見ると、やっぱミカンはカワイイね。

そんで、マックやネズミなども寄ってきて、いつものメンバーでワイワイガヤガヤ!

ゴーゴーバーで遊んでるって感じだよ(笑)




カンピさんも、心配していたマックとアホー鳥の衝突はなさそうだ。

ポカリ「アホー鳥いてなくてよかったですね」

カンピ「そやねんけど・・・昨日は休むとか全く言ってないねんけど」

二人の衝突を恐れていたが、ちょっと寂しそうなカンピさん。

カンピ「それに、昨日ペーバーして来なかった、このマックもマジで普通やねん。何事も無かったかのように」

でも、衝突して最終日に大変な事になるより良いとしますか。




そんで、ミカンちゃんとポカリであるが

ミカン「今日は本当に一緒に入れないの?」

ポカリ「本当にごめん。もうすぐ帰らないと」

思い切り寂しそうな顔のミカンちゃん

ミカン「ポカリは本当にミカンを愛してるよね?」

この話は何十回としている(笑)

ポカリ「だから・・・本当に好きだよ」

ミカン「もぉ!!バカ!」

そう言いながら、奥の控え室にミカンは戻っていった。

一瞬怒ったのかと思ったが

ネズミ「大丈夫!ちょっと待ってて」

ネズミがフォローしてくる。するとミカンはすぐに戻って来た!




手には大き目の箱を持っている。

そして、ミカンちゃんはポカリに笑顔でその箱を手渡してくる。

ミカン「私を忘れないでしょ」

少し涙を溜めたような目であるが、とても印象的な笑顔で・・・




プレゼント包装された箱を開けると・・・



大き目のオルゴールである!!

マジでちょっと泣けてくる・・・

嬉しいのもあるけど、ハムがいるので・・・

気持ちに応えられないもどかしさ・・・

何とも言えない感情。



ポカリ「マジでっ?ポカリにくれるの?」

ミカン「当たり前でしょ!私を忘れたら承知しないわよ」

ムエタイのマネをするミカンも、目に涙を溜めている。


そのオルゴールは、ハート型の花畑の中で男女が抱き合っているものであった。

そんなに安いものでもなさそうである。



ポカリはミカンを抱きしめて、ミカンに謝るしかなかった。

ポカリ「ごめんね。本当にありがとう」

このごめんねの意味が伝わったかは分からないが、ミカンも強くポカリを抱きしめ返した。


押してくれたら更新が早まるかも(笑)
タイナイトライフ情報(ノンアダルト)ランキング

Posted by ポカリ on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://pocaripattaya.blog.fc2.com/tb.php/330-f1ad43a3
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。