キットゥンタイランドなぁ~! |


スポンサーサイト

押してくれたら更新が早まるかも(笑)
タイナイトライフ情報(ノンアダルト)ランキング

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


押してくれたら更新が早まるかも(笑)
タイナイトライフ情報(ノンアダルト)ランキング

Posted by ポカリ on  | 

31 拝み倒すポカリさん。

押してくれたら更新が早まるかも(笑)
タイナイトライフ情報(ノンアダルト)ランキング


愛しのハムちゃんとの食事。

幸せを感じながら、何も出来ないポカリに腹立たしい。

色々話していると、本当にハムちゃんは頑張っているのがわかる。




それに引き換えポカリの薄っぺらいこと(笑)




でも大半のパタヤで働く女性は、多くの事を抱え込んでいる。

特別ハムちゃんが苦労しているわけではないのは知っている。

でも、そんな話を聞いて、ポカリ自身がこんな気持ちになるのは、愛しているからだろう。

他の子達であれば、正直聞きたくないのかもしれない。だからポカリからは何も聞かない。



しかしハムちゃんの話は何でも聞きたいんだよね。


そして、前の店の話などをしていると、釈迦のことを思い出した。

ポカリ「あのっ!そのっ!釈迦の事は本当にごめんなさい。今は本当に・・・」

本当に終わった事を、もう一度伝えようとすると、ポカリの話を遮りながら

ハム「もう、その事は言わないで。今は幸せだから問題ないよ」

悲しそうな、怒ってるような、でも少し笑みを浮かべながら、



マジで大好きなんっすけど(笑)



ポカリ「ハムちゃん。あのね。ポカリはハムを愛してます。これからもずっと」




気持ちを抑えられないポカリさん。

ポカリ「本当に愛してるんだよ。気が狂いそうなほど。」




ハムちゃんは、驚いたような表情を見せたが

ハム「私もよ。ありがとう」

ニコッと微笑みながら言ってくれる。



どうにもならないくらい愛しい。





しかし、幸せな時間は無常に過ぎていく。

二人とも食事が終わり、当初の予定では帰る事になっている。

ポカリ「ごめんね。今日はペーバーしちゃって。」

ハム「なんで謝るの?私は幸せだったよ。本当に楽しかったもん」

ポカリ「だって、あのまま店に居たら、一杯稼げたのに」

ハム「バカね。そんな話は辞めて」




そうだね。でも気を使っちゃうよ。




そして、カバンを手に持ち帰る事になった。

ハムちゃんは両親が離婚して、今は一人暮らしになっている。

場所はポカリのホテルの近くである。

ちょっとだけ期待しながら言ってみる




ポカリ「あのさ!ホテルも近いから寄って行くかい?」

ハム「バカね。ダメだよ」

そだね。

ハム「私はホテルじゃ眠れないの」

そだね。そりゃそうだ・・・ん?




ポカリ「じゃぁさ!ポカリがハムの家に行くよ。これどう?」

ハム「もぉ。何する気よ?」

にやっとしながらタルンと言って来る。



そんなちょっとした仕草一つで、ポカリの胸は毎回キュッとなる(笑)



ポカリ「何もしないよ。マジでさ。ブンブン無しでいいから。全く問題ないよ。だってポカリはハムの事を本気で愛してるんだもん」

昔を思い出す。パタヤに来だしの頃にハムと遊びに行って、ハムちゃんをホテルに連れ込んで、軽い気持ちでブンブンしようとした事があった。



そのときは、ハムちゃんは拒否はしなかったが、声も出さずに涙を流していた。

そして、ハムちゃんはわざわざ仕事を休んでいたのに、釈迦との約束のために家に帰らせた・・・

本当に何でこんなに愛しい人に、あんな事を昔のポカリはしたのだろう・・・・



ポカリ「本当に何もしない。もしもしてしまったら、もう二度と会わなくていいから。本当にハムと一緒にいたいだけなんだ」

ハムちゃんは本気で悩んでる。

いつも、こんな感じで家やホテルに行ってやっちゃうんだけど、口説いてる時から相手の表情などで大体は考えてる事が分かる。

でも、相手よりも愛してしまってる今は、ハムの考えてる事が分かってるかもしれないけど、不安の方が先に立つ。

なので、分かっててもハッキリするまでは、不安で分からないのだ。


一緒に行きたいと口に出すと、行きたくて仕方がなくなる。


ポカリ「本当にお願い。ハムを抱きしめるだけで良いから。胸も触らない。我慢できるから。愛してるから」


そして・・・・


ハム「もう・・・」

スポンサーサイト

押してくれたら更新が早まるかも(笑)
タイナイトライフ情報(ノンアダルト)ランキング

Posted by ポカリ on  | 0 comments  0 trackback

30 ポカリよりも持ってるの?

押してくれたら更新が早まるかも(笑)
タイナイトライフ情報(ノンアダルト)ランキング


ハムのことが愛しく感じすぎて、気が付けばポカリさんは


ポカリ「ご飯行こうよ。今から」

言っちゃってるよ。

驚いた顔でハムちゃんは

ハム「今からはダメだよ。まだまだ仕事だよ」

分かってるよそんなことは




慣れてないので言いにくいポカリさんは

ポカリ「だからぁ、ペーバーするから」

ハム「えっ!本当に言ってるの?」

ポカリ「マジで今日は少しでも長く一緒に居たいんだ。あっ!先に言っとくけど普通のお客みたいにはチップとか払えないけど」

ハム「それは関係ないけど、ペーバー自体が高いのよ」

確かに普通のゴーゴーガールの何倍もしやがる。コヨーテだから仕方ないけど、この当時にしたら破格の値段といえるね。

ポケットを見ると、ドリンク代もあるしちょっと足りないかも(笑)

そういや、今日はミカンとソニーちゃんと飯もいったんだった(笑)



でもここは引けない。

カンピに借りることにしてペーバー決定(笑)

ポカリ「ちょっとカンピに借りてくるから、すぐに戻ってくるね」

そう言って、ドリンク代だけチェックしようとすると、何とハムちゃんは胸の中から本日のチップを出して数えてる(笑)

しかも、500B札が数枚あるんで総額ではポカリさんの手持ちよりも多いんですよ(笑)

なんとも情けない(涙)

しかし、さすがはハムちゃん。普通に店の中のチップで、この時間でそんだけもらえるのか!




先にハムちゃんにペーバー代を立て替えてもらって、一緒に店を出ることになった。

そんでハムちゃんが着替えてる間に、カンピの店に走りペーバー代をお借りした。

いつもすまないね。カンピさんありがとうよ。

事情を説明すると、さすがにカンピさんも開いた口がふさがらない感じで



カンピ「意味が分からんけど、今日の朝に釈迦と終わって、ミカンと飯に行って、ソニーをたぶらかして、ホンでハムちゃんを愛しえるからって?」

さすがのカンピさんも、叱ると所を通り越して

カンピ「お前には何を言っても無駄やな。分かってたけど。でもハムちゃんはマジで大事にしなアカンで」

きつく釘を刺された。

ポカリ「わかっとります。今日はご飯だけ行って帰りますから」

ペーバー代だけじゃ足りないやろって、もっと貸してくれようとするが、お金があるとポカリはロクなことにならんから気持ちだけいただいた。

マジでカンピさんは優しすぎるよ。




そんで大慌てで、ハムの店に戻って来た。

到着すると、ハムちゃんも着替えが終わってちょうど出てきた。

マジでハムをペーバーするとか、変な気分だよ。

一緒に居れる嬉しい気持ちと、ペーバーできる事実が少し悲しい変な気分である。



でも今は嬉しさだけを考えよう。

ハムちゃんと少しはなれた食堂に行く。

タイ料理や若干のシーフードを注文。

手持ちのお金を知っているからか、小食なハムちゃん(笑)



まさか、ハムちゃんとこんな日が来るとは思ってなかった。

あの釈迦との直接対決の日に、本気であきらめたから。

マジで嬉しくて最高にテンションマックスです(笑)

これほど有頂天になるのも初めてかもしれない(笑)




ハムのちょっとした仕草も全てかわいい。

完全にバカになってるね。

食事をしながら色々と話をした。



昔のデートのことや、仕事のことなども。

ハムちゃんは、最近両親が離婚してゴーゴーバーでコヨーテで働くようになった。

以前までは、ペーバーなどないコヨーテの店で働いていたが、給料が全然違うので最近移籍した。

それまでやっていた昼間の仕事も今はやめている。以前まではコヨーテと掛け持ちしていたが、今の仕事との掛け持ちは体が持たないのだろう。

他の女のときとは全く逆に、ポカリさんの質問攻めである。

相手よりも愛したら負けと思っていたが、今の状態は完全に負けてます(笑)



いつもは、相手の事を聞くことはほとんどない。いつも聞かれることに答えるだけの場合が大半であった。

でも、今はハムの全てを知りたい。



ハムが今の状況になった経緯を聞き、何も出来ない自分に苛立ちを覚える。

ポカリ「本当にごめんね。本当に頑張ってるね」

ハム「私は大丈夫。タイ人の女性は強いのよ」

そういって、笑顔を見せながら言っている。

その小さな体で、本当に色々なことに耐えてるのだろう。




自分が本当にちっぽけに見えてくる。


押してくれたら更新が早まるかも(笑)
タイナイトライフ情報(ノンアダルト)ランキング

Posted by ポカリ on  | 2 comments  0 trackback

29 キットゥンハムマクマーク!

押してくれたら更新が早まるかも(笑)
タイナイトライフ情報(ノンアダルト)ランキング

久しぶりのキットゥンパタヤなので、過去にないくらい長くなってきた(笑)

第30話にして、やっと6日目の夜っす(涙)

長すぎだね(涙)





ソニーちゃんとのデートが終わり、ホテルのスタッフ達に超茶化される(笑)

これは、マジでやってしまったかも知れんね。



そんで、カンピにこっぴどく怒られた後、いつものように夜の街に出発っす。

でもですね。

本日はですね。




ハムちゃんに会いにいくっす。

キットゥンハムちゃんマクマークなんだよね。

最近登場してないけど、前回に涙の再会をしたときに、バンコクに一緒に行こうといわれた。

この返事をしに行かなければならない。

前回から、今回までの間、ポカリさんは一人のときは常にハムのことを考えてます。

これはマジな話。でも他の子といるときは正直忘れとります(笑)




でもハムのことを考えるだけで、胸が苦しく切なく幸せな気持ちになるんだよね。

マジで、恋する中学生みたいな感じだろうか(笑)

4日後にはハムちゃんは、バンコクに行く。

もしポカリが行かないとなると、今回は会えないかもしれない。残り4日である。

正直ポカリさんも、バンコクに行きたい。

でも友達の誕生会とかに、日本人が行くと予算編成が厳しいんだよね(笑)




ハム自身は、友達の家に泊まれるし金は気にするなって言うんだけど、ハムには恥じかかしたくないし。

でもね。どれだけ居るのかも分かんないしね。




結局ハッキリしないまま、ハムちゃんに会いに行くことになった。

とにかく会いたいんだよね。ずっと我慢してるんだから。

でも、普通のお客のようにお金払えないし、ポカリが居るとハムの仕事の邪魔になっちゃうからね。

マジでキットゥンハムちゃんなんだよ。



カンピさんはツンちゃんの店で待機してる間に、ポカリさんはハムちゃんに会いに行く。



久しぶりに見るハムちゃんはマジでかわいいね。

でも今日、ソニーちゃんとデートしたけど、ハムちゃんに似てるんだよね。ハムをちょっと大人にした感じかな。

夜用のメイクはあんま好きじゃないけど、やっぱポカリの天使だね。




ハムちゃんは、ポカリの横に座る。

ハムちゃんも飲めない酒を飲んでるんで、ちょっと酔ってる感じだね。

ハム「キットゥン・・・・」

小声で呟きながら、ポカリに抱きついてくる。

ゴーゴーバーでどこでもあることだけど、愛する人にされると嬉しいもんだね。昔のような感じだね。

マジでキットゥンハムちゃんマクマークっす(笑)




キットゥンとは言うけど、お互いにラックとかは口にしない。

なんか、ミカンがラックを言えっていってる気持ちが分かる。ハムちゃんに言わしたい。言って欲しい。

ポカリさんはニタニタ。ヤバ過ぎるね。

マジで愛しいわ。



ハムがしてくれたり、話してくれる言葉など、全部幸せに感じちゃうよ(笑)

でも・・・

だから、これ以上深入りしたらダメなんだよね。



ソニーでも思ったけど、ポカリのハムちゃんへの思いはハンパないっす(笑)

でも、

でも

必死でブレーキをかけようとするポカリさん。



ポカリ「ハムちゃん。バンコクの件だけどさ。やっぱ行けない。

ハム「そっか・・大丈夫問題ないよ」

そういって何やら考え込んでいるハムちゃん。

ハム「今は分からないけど、早く帰れたら帰ってくるからね」

ポカリ「マジか!マジで帰ってくれたら嬉しいよ。ポカリはマジでハムが必要なんだよ」

ハムもニコッとしてくれて、嬉しそうな顔をする。

ハム「私もポカリと一緒に入れると幸せだよ」



マジでハムちゃん大好きっす!!

どうしょうもないくらい愛しいですよ(涙)



そして思わず言っちゃった。

ポカリ「ご飯行こうよ。今から」


押してくれたら更新が早まるかも(笑)
タイナイトライフ情報(ノンアダルト)ランキング

Posted by ポカリ on  | 2 comments  0 trackback

28 パタヤビーチをデート

押してくれたら更新が早まるかも(笑)
タイナイトライフ情報(ノンアダルト)ランキング

突然のデート決定に、不安と期待に胸膨らますポカリさん。


でもやっぱ不安の方が大きい。

二度と釈迦を繰り返したくないし、ソニーは夜の仕事でもない。

これはカンピのおかげだけど、傷つけることの悪さは分かってきたから。

それに、ずっと前からソニーがポカリに好意を抱いてたのもわかってた。

だからホテルも変えたし、違うホテルでも結構会いに来てた。

ポカリの中で、ずっとそんな微妙な位置の癒される関係でいるつもりだったんだけど・・・



やっぱり、やっちゃったかな(涙)



ビックCで軽くソニーちゃんの食事をすることになった。

ポカリは全く腹は減ってないけど、行くとこないし。

ソンテウで向かう二人。

基本的には手も握ってこないけど、道を渡るときなどにさり気なく握ってくる。

そんな行動を冷静に観察できるポカリさん。

かわいいと思うのと同時に、この子にはマジで手を出すべきじゃない事も感じるんだよね。



分かってんだよね。ポカリには普通の恋愛なんか絶対無理なんっすよ。



軽い食事を取ってるときとか、店内をブラブラ歩いてるときとか、少女のような目になってる。

実際は20代後半なんだけど、かわいい顔つきで数段若く見える。

それに、目がハートマークというか、少女マンガのようになってるんだよね(笑)



ポカリ自身も出来すぎやんって感じてる(笑)

なんじゃこりゃ!漫画でももう少し捻るけどね。

マジで思い通りに進みすぎなんだよね。今頃は・・・



そんで、普通のデート。

その間も、ソニーは色々とポカリに質問攻め

ソニー「ポカリは本当に日本に彼女はいないの・」

ポカリ「いないよ。いたら来れないでしょ」

ソニー「ポカリはいつ結婚したい?」

ポカリ「結婚は全く考えられない。今はポカリ自身が子供だからね」




ソニーちゃんのテンションの上がりようが凄すぎたんで、ポカリさんは甘い言葉をかけることもできない。

ひたすら質問攻めに普通に答えるだけである。

ビックCを出て、ホテルに戻る事になったんだけど、ビーチを散歩して帰りたいというソニーちゃん。



その途中なども、何枚もポカリの写真をとっている。

携帯だからブレブレで文句言ってる姿もカワイイ(笑)



ポカリのことの質問と同じように、ソニーは自分の事も色々と話してくれる。

話を聞いてると、ソニーちゃんの家は、ゴーゴーバーで働かなければダメなほどではないらしい。

それなりに裕福な家庭のようで、彼女もとんでもない安い給料でも、自分ひとりは生活できるそうだ。



日も落ちたパタヤのビーチを、いつの間にか手をつないで歩く二人。

時々浜辺で何かを見つけて突然走り出したり、少し波に浸かったりと楽しんでいる。



こんときのポカリさんは、超複雑な気分。

マジで、幸せなんだけど・・・

これ以上は進んだらダメなのがわかるんだよね。

ここで手を出したら、マジで後戻りできないからね(涙)




それに、一般的な恋人になれるほどは愛してないんだよ。

マジで、何で愛せないのかを真剣に考えるくらい、ソニーには欠点がないんだよね。




二人ラブラブな風景を、幽体離脱のように上から眺めるというか、冷静に客観的に観察できるポカリが、自分で嫌ないなる。




そして、カンピさんからの電話で怒られて、ホテルに戻っていった。

カンピ「別に良いけど、ソニーの気持ちは前から知ってたのに、遊びでやるのはマジで最低やで」

分かってるから、口説き文句も言わずにデートだけで帰ったんだけどね。

何か逆に考えすぎてテンションが下がるポカリさん・・・




パタヤでの恋愛?擬似恋愛?って何なんだろうね。

気軽に遊びたいけど、愛されていないと楽しくない。でも愛された遊びには責任が生じるんだよね。

マジで難しいわ(涙)




この後・・


ポカリのパタヤ人生でも、大きな転機が訪れる事を、このときのポカリはまだ知らない。


押してくれたら更新が早まるかも(笑)
タイナイトライフ情報(ノンアダルト)ランキング

Posted by ポカリ on  | 0 comments  0 trackback

27 ホテルの受付嬢登場

押してくれたら更新が早まるかも(笑)
タイナイトライフ情報(ノンアダルト)ランキング

ミカンちゃんと別れて、ホテルに戻ってきたポカリさん。

ロビーに入ると、仲良しの受付嬢が仕事終わりでソファーに腰をかけていた。

この受付嬢の名前は、ソニーちゃんにでもしようか。



このソニーちゃんについて簡単にふれておきますか。

このソニーちゃんは、ポカリの定宿の受付嬢で、知り合って1年半くらいたつだろうか。

このソニーちゃんは、結構レベルが高くてゴーゴーバーでもトップクラスに入れそうである。

でもメイクは軽いので実年齢よりも若く見えるんだよね。

背が低くて目がパッチリ大きくて、きゃしゃな体系でポカリさんのタイプっす。

夜の仕事してないのでギャル系とかじゃなくて、アジアンビューティーって感じかな。

可愛いんだよね。




以前から、結構仲の良いポカリなんだけど、遊びに誘った事がないんだよね。

定宿だから、ソニーちゃんに手を出すと、マジでホテルに連れ帰れなくなっちゃうんでね(笑)

なので、前回までは釈迦ちゃんと付き合いだしてから、別のホテルを定宿にしてたんだ。

その間も、パタヤに来ると一回位はお話しに寄ってた。

誘ってないけど軽くは口説いてるからね(笑)

そんで、今回は釈迦ちゃんもいないから、このホテルに帰ってきたって感じかな。



本文に戻るけど


ソニーちゃんがソファーに座ってるので、ポカリさんも横に座ってみます。

ソニー「どこに行ってたの?」

ポカリ「ご飯食べに行ってた。」

そんな普通の会話をしてると



ソニー「彼女は?」

ポカリ「彼女?・・・実は前回別れたんだけど、今日最後のお別れをした」

ソニー「本当に?」

ポカリ「本当だよ。もう辛いのは嫌だね。幸せだったけど、そのぶん悲しみも大きいから」

ソニーちゃんは、真剣な顔して聞いてる。

釈迦の想いを色々と話すポカリさん。




こんな感じの話は、カンピにはこっぴどく言われる

カンピ「お前が悪くて終わったのに、悲劇のヒロインみたいにかわいそうキャラで相手を騙すのはセコイ」

確かにそうかも(笑)





ソニー「本当に終わったんだ・・」

ポカリ「ポカリは誠実者だけど、この町はマジで難しいよ」

ソニー「誰が?(笑)じゃっ今から遊びに行こうか?」

マジで悩みました。

ポカリもソニーちゃんのことタイプで好きだけど、この子に手を出すと後が怖いのを知ってる。

このホテルのアイドルみたいな存在で、スタッフみんなに可愛がられている。

ここで手を出すと、このホテルに滞在しにくくなるんだよね(笑)





でも、こんな突然の申し出に弱いポカリさん。

約束とか予定は大嫌いだけど、突然の展開はマジでテンション上がっちゃうんだよね(笑)



ポカリ「よしっ!いこっか」

ソニー「ほんとに?行こう行こう」

ソニーちゃんも一気にテンションマックス状態になった(笑)

子供のようにハシャイで、まだ仕事してるスタッフ達に

ソニー「今からポカリとデートだから」

って言いふらしてる(笑)



かわいいんだよね。

ある程度は分かってたんだけど。手を出す勇気がなかった。

普通の人のように付き合うとか絶対無理なのをポカリさんが一番知ってるから(笑)

でも、釈迦ちゃんも終わったし、良いかなって軽い気持ちでOKしてしまった。



ホテルを出るときも、ポカリの手を引っ張って行く。

複雑な気分だけど、マジでどうしよ・・・

タイプだし、かわいいし、性格がいいのもよく知ってるけど・・



手をつないで出て行く二人に驚くスタッフ達。

スタッフは、何やらソニーに話しかける

ソニー「彼氏とデートなの」

超笑顔でニヤニヤしながら言ってる。

エッ!と思っ他ポカリに

ソニー「冗談だからね」

って、笑いながら言う。


やばい。マジで可愛いんですけど(笑)



押してくれたら更新が早まるかも(笑)
タイナイトライフ情報(ノンアダルト)ランキング

Posted by ポカリ on  | 0 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。